メニュー

KCPコラム3号 パートナー企業探索編 | タイ,M&A,企業買収

ニュースnews

KCPコラム3号 パートナー企業探索編

公開日:2017年12月22日(金)

当コラムは、弊社のメイン業務でございますパートナー企業探索サービス(ソーシングサービス)をご紹介させていただきます。

 

日系金融機関・会計事務所・事業会社より、よく下記のようなお問い合わせをいただきます。

●●●といった業種の売り案件はありますか?」

現状、条件にマッチする案件が見つかりにくいというのが、タイのクロスボーダーM&Aの現状であります。

 

*参考までに弊社では独自のネットワークをもとに100件程度の提携案件をストックしております。

こちらよりご確認くださいませ。

 

タイでのM&Aの特徴として、案件がなかなか表に出てまいりません。

その理由はなぜかと申し上げますと、

      ①M&Aが一般的になっていない

   ②M&A相談談できる先が少ない

といった環境の未整備が大きな要因としてあげられます。

 

では、弊社ではどのようにM&A・合弁パートナーを発掘しているのか?

 

徹底的にタイ企業のオーナー(タイ企業の場合、同族経営が多く、オーナーに会わないとほとんど意味がありません)に会いに行き、

その中でターゲットなる会社を選別してまいります。

 

簡単に工程をまとめますと、

     同業種会社のピックアップ(通常、ロングリストと呼ばれています)

 ↓

     クライアント様と企業の選別(通常、ショートリストと呼ばれています)

 ↓

     クライアント様同行のうえ、企業訪問

 ↓

     企業訪問の繰り返し

といった流れで、M&A・合弁パートナーを探してまいります。

 

当サービスのメリットとして、

 ✔業界の市場動向・特徴が把握できる(ネットなどの2次情報のみでは状況が完全につかめません)

 ✔直接会うことでお互いの相性が分かる

 ✔業界のネットワークが築ける

 ✔会社ごとの比較ができ、納得して交渉先を決定することができる。

などのメリットがあげられます。

 

当サービスの進め方・費用に関して、お客様の要望に応じて柔軟に対応させていただいております。

 

是非、パートナーを探しているがなかなかいい企業が見つからない、

パートナー企業をどう探したらいいかわからないといった悩みを抱えられておりましたら、

是非一度、KUSUMOTO CHAVALITまでお問い合わせくださいませ。

 

以上が今回のコラムの内容でございます。

最後までお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。