メニュー

KCPコラム4号 M&Aの流れ 1月17日更新 | タイ,M&A,企業買収

ニュースnews

KCPコラム4号 M&Aの流れ 1月17日更新

公開日:2018年01月17日(水)

新年あけまして、おめでとうございます。

本年度も宜しくお願い申し上げます。

 

さて、新年初めのコラムは、M&Aの一般的な流れに関してご説明させていただきます。

当コラムでは、交渉相手先が見つかった後の流れをまとめておりますので、

交渉相手を探すフローは参照されたい方は、前回コラムのパートナー企業探索編を参照くださいませ。

 

M&Aの一般的なフロー】

 SnapCrab NoName 2018 1 17 18 25 45 No 00

*クロージング後にPMI(Post-Merger Integration)が続きます

各中身を簡単にご説明させていただきます。

    意向表明&戦略策定:まず初めに、先方タイ企業に交渉したい旨の意向表明を行います。

それと同時に、M&A戦略の策定、事業分析、提携ストラクチャー、スケジュール、シナジー効果(売上・コスト・オペレーション等)を精査してまいります。

タイの場合は、公開情報の質と量が限定的であるため、案件ソーシング(探索プロジェクト)を並行して行うのが有効でございます。

 

    基本合意(LOI締結):交渉を重ねたうえで、条件をFIXさせていきます。その条件をまとめた同意書をLOI(Letter of Intent)もしくは、MOU(Memorandum of Understanding)と呼んでおります。

当合意書は必ずしも結ぶ必要はありませんが、合意した内容を文面化できるメリットがございますので、弊社のクライアント様には締結することをお勧めさせていただいております。

 

    デューデリジェンス(DD)実施:M&A交渉のプロセスにおいて一番重要になるのが、デューデリジェンスの実施でございます。デューデリジェンスを実施する目的は、

  • 今まで前提としていた条件が正しいか
  • 何か見落としているリスクはないか

  をチェックするためでございます。

  デューデリジェンスの結果をもとに、ディールを降りるべきか、進める場合、DD結果に基づき条件の再交渉を行うべきか、

  追加条件を最終契約書に入れるべきかを決定いたします。

 

    最終契約書締結:売り手・買い手がともにすべての条件に合意しましたら、これまでの合意事項を文書に盛り込んだうえで、最終契約書の調印へと進みます。

 

    クロージング:クロージングはM&Aの最終段階のプロセスを指します。クロージング事項としてよくあがるのが、株券・譲渡対象物の引き渡し、譲渡代金のお支払いなどです。

 

これでM&Aの一通りの流れは理解していただけたかと思います。

各項目の詳細に関しては次回以降のコラムに記載してまいりますので、乞うご期待ください。

 

なお弊社では、独自のルートを使いながら各クライアント様の希望にあう先を発掘しております。

タイ&タイ周辺国でM&A先及び、JV(ジョイントベンチャー)提携先を探されている場合、是非KUSUMOTO CHAVALITまでご連絡くださいませ。

 

本日の案内は以上でございます。

最後までご精読いただきまして、誠にありがとうございました。